結婚しにくいインディゴチルドレンの印象!

結婚しにくいインディゴチルドレンの印象!

女性

インディゴチルドレンが他人に与えている印象

インディゴチルドレンの振る舞いを「自分本位」「自由奔放」と受け取る方が多い傾向にあります。友人や恋人など近しい存在になると「言動と行動が伴わない」「感情の起伏が激しい」「飽きやすい・熱しやすく冷めやすい」「神がかっている」というような印象を持つこともあるようです。スピリチュアルな感覚を持っていることもあり、「神の啓示」とも取れる脈絡もないようなメッセージを発することもあります。そのメッセージに過剰に反応し、おびえる・喜ぶというような行動に出るため、周囲がそれに振り回されてしまうということも多々あります。

光

インディゴチルドレンと発達障害

インディゴチルドレンの中にはADHD等の発達障害の診断を受け、治療や経過観察を受けている方が見られます。情緒の面で起伏が激しい点や、行動に一貫性が無い、空気が読めないというような点で発達障害と診断が下されることがあります。インディゴチルドレンとしての使命に気付き、自分自身がどのように生きていけばよいのか悟りを開いたときに、「病状が悪化した」と周囲に誤解されやすいのも事実です。中には「生きづらいのはインディゴチルドレンだからだ」と自分を正当化させ、必要な医療を断るなどで精神疾患を悪化させてしまうこともあるので、注意が必要です。

インディゴチルドレンとクリスタルチルドレンの違い

第一世代がインディゴチルドレン

1970年代後半に使命を託された第一世代がこの世に送り出されたとされています。インディゴの多くがアラフォー世代だと考えられます。この第一世代にあるインディゴはアダルトチルドレン等と言われることもあります。名前の通り、オーラはインディゴ(藍色)をまとっているとされています。

インディゴチルドレンの子供がクリスタルチルドレン

インディゴチルドレンが悟りを開いた時にオーラがクリスタルに変わるといういわれもありますが、インディゴチルドレンが結婚し、そこから生まれた子供たちがクリスタルチルドレンという説も存在しています。第二世代であるクリスタルチルドレンもまた、生きづらさを感じることがあるようです。

広告募集中